プリンセススリムが痛い?注意点を解説! !

食事制限や運動をしても変わらなかったウエストが、速攻でクビレが作れるコルセット「プリンセススリム」

でも、着圧が強く効果的なアイテムなので、付け方を間違えると「痛い」場合があるみたいです。

どんな使い方をしたら痛くなるのか?

今回は、プリンセススリムの着用時の注意点について、詳しく解説します。

⇒公式サイトもチェックする

プリンセススリムが『痛い』原因

『痛い』と感じる方の多くは、プリンセススリムに4本入っているスプリングが刺さるように当たるのが原因でした。

場所は、アンダーバスト辺りか、下腹に痛みが出る事が多い様です。

背中側に痛みが出るケースは、ほとんどありません。

つまり、下を向いた姿勢や、猫背の体勢だと、『痛み』を感じる様です。

また、着用時間が長くなると、生地が食い込んで、痛みが出る場合もあり、特に、一番細いクビレのところに痛みが出る様です。

よって、プリンセススリムが『痛い』原因は、姿勢と加圧によるものでした。

『痛い』時の対策とは?

プリンセススリムは、付ける位置によっては、スプリングが刺さって痛みを感じます。

プリンセススリムは、ソフトに曲がるスプリングなので、端部が当たって痛くなる事はありません。

違和感を感じる場合は、付け心地の良い位置にしてみて下さい。

ブラトップの上にプリンセススリムを付けるのも、バストの下が痛い場合には効果的です。

腰骨の辺りが痛い場合は、長めのインナーやガードルなどを使用するのも良いでしょう。

ただし、まずは痛くない位置を探してみて下さい。

後は姿勢にも注意して下さい。

下向きの作業をする際は、その時間だけ外して下さい。

また、生地が食い込んで痛くなったら、着用時間を短くしてみて下さい。

痛くなったら外す!という使い方も良いでしょう。

無理なく快適に使える事を優先して下さい。

まとめ

プリンセススリムで『痛い』と感じるのは、単純な原因でした。

使い方を工夫する事で、解消できる内容です。

快適に使って、理想のスタイルを手にして下さい!

⇒プリンセススリムの公式サイトはこちら!